買ってよかったキャンプグッズまとめ >>

レッドレンザーのLEDライトおすすめ人気10選!USB充電可能で高スペック&タフ

レッドレンザー(Ledlenser)は世界トップクラスのクオリティを誇るLEDライトメーカーです。

レッドレンザー は種類が多くてどれを選べばいいかわからない!

キャンプにおすすめのモデルを教えてほしい!

そんな人へ向けて、本記事ではレッドレンザーの魅力やおすすめモデルを紹介します。

レッドレンザーに興味がある人はぜひ参考にしてください。

タップできる目次

レッドレンザーとは?魅力と選び方のポイント

まずはレッドレンザーの魅力と使い方、選び方のポイントを紹介します。

「質実剛健」という言葉が似合うドイツ生まれのLEDライトメーカー

レッドレンザー社はドイツで1993年に誕生したLEDライトのメーカーです。

レッドレンザーのライトは耐久性・耐水性・耐衝撃性などの試験をクリアしたものだけが出荷され、そのクオリティの高さから警察、消防隊、救急隊なども採用しています。

家庭用の懐中電灯から、ランナーや登山家、ダイバーなどプロも愛用するアイテムまでさまざまな商品を販売し、まさに「質実剛健」なモノづくりに定評があるメーカーです。

ライトの種類で選ぶ

ライトの種類は「フラッシュライト(懐中電灯)」「ヘッドライト」「ランタン」などがあります。

夜間の散歩や作業などで手に持って使うのであればフラッシュライト、夜間の登山やランニング、力仕事など両手を空けたいシーンではヘッドライトを選びましょう。

キャンプなどで広範囲を照らすにはランタンタイプがおすすめ!

シリーズごとの特徴で選ぶ

レッドレンザーのモデルは用途や特徴が異なるシリーズに分かれています。

まずがシリーズで絞ると目的に合ったモデルを探しやすいですよ。

フラッシュライトのシリーズ名特徴
Outdoorシリーズランニングやトレイルランニング、スキー、Xスポーツなどスポーツに最適
Dシリーズダイビングやボート、セーリングなど、水辺のアクティビティ用
EX シリーズ 国内・海外の危険場所で、作業用ライトとして使用可能な防爆ライト
Fシリーズ手のひらサイズの小型で明るい携帯用ライト
Kシリーズキーホルダーとして使える極小キーライト
Pシリーズ基本性能を追求したオールラウンダーで、シンプルな操作性
Tシリーズ警察や消防、レスキュー、警備、特殊部隊用のタフなライト
Xシリーズあらゆる極限状態での対応力を追求したシリーズでレスキュー現場などで使用
フラッシュライトのシリーズ名と特徴
ヘッドライトのシリーズ名 特徴
Outdoor シリーズ アウトドア向け高スペックシリーズ
Hシリーズ直感的な操作性と機能性を両立させたシリーズ
NEOシリーズ 軽量で広範囲を照らせる。ランニング向け。
SEOシリーズ アウトドア、登山向けの多彩なラインナップ。
XEOシリーズスポーツ用のヘッドライトの最上位モデルが揃う
ヘッドライトのシリーズ名と特徴

機能性で選ぶ

シリーズを絞り込めたら、明るさ(ルーメン)、照射範囲、サイズ、重量、操作性など機能面も見ていきましょう。

基本的に高スペックになるほど価格も上がりますので、予算内で高機能なタイプを選ぶのがおすすめです。

また、電源はアルカリ乾電池、充電池、兼用タイプがあるのでランニングコストや使いやすさも考えて選んでみてください。

レッドレンザーのおすすめ人気10選

ここからは、おすすめのレッドレンザーを厳選して10個紹介します。

超小型なのにしっかり明るいランタン「ML4」

手にちょこんと乗る極小サイズのランタンです。

上部にカラビナ付きなのでパックパックに取り付けたり、ガイラインに吊るしたりして使えます。

なんとこの小ささで、光量は驚きの最大300ルーメン!

レンズにマイクロプリズムテクノロジーを採用しているので、まぶしく感じにくいのもうれしいポイント。

専用充電池のほか、単三乾電池も使えるので充電を忘れてしまった時も安心です。

(最大光量のブーストモードは専用充電池でなければ使えません。)

設置方法が自由自在なランタン「ML6」

ML4より大きいサイズのML6は最大750ルーメンと、メインランタンとしても十分な明るさ。

付属のラバースタンドで自立、上下のフックを掛ける、マグネットで貼り付ける、三脚に固定といった様々な方法で設置できるのが特徴です。

専用充電のほか、「micro USB Type-B」での給電もできますよ!

スマホライトよりも明るいキーライト「K6R」

約30gの極小サイズにもかかわらず、最大400ルーメンもの明るさとタフさを兼ね備えたキーライト。

ダークなカラーが多いレッドレンザーのなかで、おしゃれなゴールドカラーがあるのは珍しいです。

収納に困らないスリムなペンライト「P4R Core」

明るさ200ルーメンの充電式のペンライト。

ペンタイプはスリムで軽量なので、ツールボックスなどへの収納にも便利です。

シンプルを追求したフラッシュライト「P5」

単三乾電池1本だけで使用できるフラッシュライトです。

コンパクトで直感的な操作ができるので、普段使いから防災用まで広く使えます。

大容量充電池で長く照らせる「P7R Core」

大容量の専用充電池を使うことで1000ルーメンの大光量で2時間点灯が可能。

暗闇での作業や行動も安心できる明るさが確保できます。

機能はシンプルでより明るいライトがいいという人にピッタリです。

アウトドアに最適な高スペックモデル「MT10」

光束1000ルーメン、照射距離180mという超強力なLEDのアウトドア用モデル。

光束のズームが無段階に変えられ、手元を照らしたり遠くを確認したりするのも自在です。

軍事用にも使われる実用的でタフなモデル「T7M」

非常時も想定してタクティカルなモデルが欲しいという人におすすめ。

光束は無段階で調節可能で、ワイドな照射もビームも自在に調節できます。

テールキャップはガラスクラッシャーとしても使用可能です。

乾電池で手軽に使えるヘッドライト「SEO5」

単4電池が使えるヘッドライト。

防水性があるので汗をかいたり、雨に降られても安心して使えます。

登山やトレイルランニングにおすすめです。

カラバリ豊富なヘッドライト「MH5」

無段階角度調節ができる小型のヘッドライト。

専用充電池と単3乾電池が併用でき、充電がなくなったときも替えの電池があれば使えます。

カラーバリエーションが豊富なので好きな色を選べるのもうれしいポイントです。

Ledlenser(レッドレンザー) MH5 ブルー LEDヘッドライト 登山 USB充電式 [日本正規品]
Ledlenser(レッドレンザー)

おすすめ人気レッドレンザー比較一覧表

スクロールできます
品名ML4
ML6
K6R
P4R Core
P5
P7R Core
MT10
T7M
SEO5


MH5
特徴超小型ランタン取り付け自由自在明るいキーライト収納に便利なペン型単3電池1本で使えるシンプル操作で使いやすい暗闇を切り裂くような光非常時にも活躍放水性能が高い軽量で 無段階角度調節可能
サイズØ29×97mmØ42×178mmW30xH14xD62mmØ15×150mmφ26×113mmØ35×158Ø32×128φ37×131ヘッド直径:29 mmW69xH35xD38(ヘッド部)
重量約71g約280g約30g約55g約80g約202g約156g約180g約105g約92g
電源専用充電池専用充電池専用充電池専用充電池単3アルカリ電池×1本専用充電池専用充電池単4アルカリ電池×4本単4形アルカリ電池×3本専用充電池(Li-ion)/単3アルカリ電池x1本
光束(lm)ブースト:300 / パワー:150 / ミドル:50 / ロー:5ブースト:750 / パワー:550 / ロー:5ブースト:400 / パワー:200 / ミドル:- / ロー:20ブースト:- / パワー:200 / ミドル:90 / ロー:15パワー:140lm /ミドル:- /ロー:-ブースト:1400 / パワー:1000 / ミドル:440 / ロー:15パワー:1000 / ミドル:200 / ロー:10ブースト:400lm /パワー:300lm /ロー:40lm:Hi:180lm/Low:20lmパワー:400lm /ロー:20lm
シリーズ ランタン ランタンKシリーズKシリーズPシリーズ Pシリーズ Outdoorシリーズ TシリーズOutdoorシリーズOutdoorシリーズ
おすすめ人気レッドレンザー比較一覧表

レッドレンザーの評判・口コミを徹底調査

レッドレンザーに関する口コミをTwitterから調査しました。

良い口コミ

良い口コミとしては以下の意見がありました。

  • 小さくてコンパクトなのに明るい
  • 高級感がある
  • 壊れにくく保証も長い

レッドレンザーのライトはどれもスペックが高く、見た目も高級感がありますよね!

7年間の保証とアフターサービスが付いているのも製品に自信がある証拠です!

悪い口コミ

悪い口コミとしては以下の意見がありました。

  • 値段が高い
  • 純正バッテリー(充電池)が高い

レッドレンザーはモデルによっては専用の充電池が必要です。

専用充電池はパワーがあるぶん値段も高いので、交換するときのコストを気にする声がありました。

レッドレンザーのよくある質問(Q&A)

レッドレンザーに関するよくある質問をまとめました。

リチウムイオン電池はどのくらいもつの?

充電池は300回~500回ほどの充放電で寿命がきます。

充電を空のままにしたり、1ヵ月放置したりすると寿命が縮まるので、定期的に点検しましょう。

レッドレンザー製品のよくある質問(レッドレンザー公式サイト)

よく比較される「ML4」と「ゴールゼロ」との違いは?

レッドレンザーの「ML4」と、Goal Zero(ゴールゼロ)の超小型LEDランタン「Lighthouse Micro Flash」はスペックが似ていてよく比較されるモデルです。

どちらもサイズや重量、明るさはほぼ同じ。

ゴールゼロ Lighthouse Micro Flashは10lmで170時間と点灯時間が長いこと、フラッシュライトとしても使えることなどがメリット。

対してレッドレンザーML4は充電時間が短いこと、単三電池が使えること、IP66の高い防水防塵性能があることなどがメリットです。

どちらも高スペックの小型ランタンなので、比較検討してみてくださいね。

おすすめのレッドレンザーまとめ

レッドレンザーは、多種多様なモデルから自分に合ったLEDライトを見つけられるメーカーです。

レッドレンザーまとめ
  • 日常使いからアウトドア、プロ仕様までそろう多彩なラインナップ
  • 主な種類はランタン、フラッシュライト(懐中電灯)、ヘッドライト
  • シリーズごとに異なる特徴がある
  • 予算に応じて必要なスペックを選ぶのがおすすめ
  • 専用充電池の寿命を延ばすには充電を空のまま放置しないことが大切

レッドレンザーの確かな品質と無駄を省いたシンプルで洗練されたデザインは、世界中のファンに支持され続けています。

ぜひキャンプや日常に取り入れてみてくださいね。

本当に買ってよかったキャンプグッズ20選!

・キャンプ好き管理人&ライター厳選の至極の一品
・これを買えば間違いなし!初心者にもおすすめ
・テントからアクセサリーまで全20品を紹介!

\ 続きを読んでみる /

>>おすすめキャンプグッズ20選はこちらから

この記事の著者

sumi.noga

アウトドアライター&ディレクター / 古民家キャンプ場モノグサ邸の運営
大のアウトドア好き。アウトドアの楽しさをより多くの皆様へ届けたい!

>>運営者情報はこちら




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる