買ってよかったキャンプ用品 >>

【ユニフレーム ファイヤスタンドレビュー】軽量でシンプルな焚き火台の評判・口コミを紹介!

ムダのないデザインでスタイリッシュなユニフレーム「ファイヤスタンド」。

軽量でコンパクト収納もできるため、ツーリングキャンプ・バックパックキャンプにおすすめ。

焚き火専用としてサブの焚き火台にするのも上手な使い方ですね。

似たデザインの焚き火台もあるけど、やっぱりユニフレームのファイヤスタンドはいいの?

ユニフレームのものは質感がよくて満足度が高いですね!

本記事では、私が実際に使ってみて感じたメリット・デメリット検討した時に比較した焚き火台をまとめました。

ファイヤスタンドが気になる方は、参考にしてください。

タップできる目次

ユニフレーム ファイヤスタンドの特徴と性能

まずはファイヤスタンドの特徴・性能を紹介します。

スクロールできます
商品名ファイヤスタンド

サイズ使用サイズ:約400×400×300(高さ)mm
収納サイズ:約φ60×570mm
材質メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2
スタンド:ステンレス鋼
重量約490g
付属品収納ケース
ファイヤスタンドの詳細

シンプルなデザインが心をくすぐる焚き火台

パッと見「パーツはこれだけでいいの?」と思えるシンプルさを追求したファイヤスタンド。

最低限の構造でも焚き火をしっかりエンジョイできます。

そのままだと調理はムズカシイですが、焚き火用と割り切るとむしろ丁度いいスペック。

500gもしない超軽量ギア

本体の重量は約490gで、500gを切ります。

500mlのペットボトルとおなじくらい!

軽いためツーリング・バックパックキャンプに打ってつけです。

0.96mm目の特殊耐熱鋼メッシュ

特殊耐熱鋼メッシュの火床は0.96mm目

細かな網目が火が落ちるのを防いでくれます。

ただ、どうしても細かな灰は落ちるので、防火シートやトレイを敷いた方が安心ですね。

巻いてコンパクトに収納

クルクルっと巻ける火床のおかげでコンパクトな収納が可能。

スタンドになるパイプ4本もかさばらず、収納袋にスッと入ります。

ユニフレーム ファイヤスタンドのメリット

ファイヤスタンドを使ってみて、個人的に感じたメリットをまとめました。

焚き火をしっかり楽しめる

ファイヤスタンドだと焚き火を思う存分楽しめました!

シンプルなデザインで、ほぼ焚き火専用のギアなのがその理由といえます。

いろいろな機能があるために使い心地がイマイチになってしまうギアもある中、ファイヤスタンドはその逆です。

軽量で少ないパーツの焚き火台なのに、大きな薪がしっかり乗るのは素晴らしい

シンプルなビジュアルがカッコいい

まさにシンプルの美を体感できる焚き火台です!

パイプ4本と金属メッシュ1枚だけで、金属板すら入ってません。

質感のいいパーツが、ビジュアルのよさをさらに引き立てる!

カッコいいギアを使うと、キャンプがますます楽しくなりますね。

サブでも持っていく気になれる軽さ

500gを切るので気軽に持ち出せていいです。

調理しやすい焚き火台とセットで持っていくのがお気に入りのスタイル。

1つの焚き火台で調理と焚き火の両方をするには準備や片付けが大変なため、別べつにした方がスムーズですよ。

ユニフレーム ファイヤスタンドのデメリット

ファイヤスタンドのデメリットも紹介します。

強い風が苦手

ファイヤスタンドは強い風が苦手です。

というのは、火床を囲うものがなく、風で灰や火の粉が舞いやすいため。

程よい風なら炎をサポートしてくれますが、強くなりはじめたら焚き火の中断も視野にいれた方がいいです。

食事に灰が入ったり、火の粉でテントに穴が空いてしまったら困りますからね……。

シーンが限られる

ムダがなく焚き火向けの仕様なので、使用シーンが限られます。

五徳や焼き網などの追加オプションがラインナップになく、調理に向きません。

調理できるとしたら、火床の上で小さめのホイル焼きやシェラカップを温めるくらい

なので、ファイヤスタンドは焚き火専用と割り切った方が気持ちよく使えますよ。

ユニフレーム ファイヤスタンドの評判・口コミ

ファイヤスタンドについての評判・口コミを紹介します。

良い評判・口コミ

これらの良い評判・口コミをまとめると、

  • 超コンパクト
  • ビジュアルが美しい
  • 質感がいい
  • 気持ちよく燃える

超コンパクト」「ビジュアルが美しい」「質感がいい」「気持ちよく燃える」といった品質やコンセプトが評価されていました。

焚き火を楽しんでいるユーザーが多かったです。

悪い評判・口コミ

これらの悪い評価・口コミをまとめると、

  • そのままでは調理に不向き
  • 強風では危なくて使えない

ムダのないシンプルなデザインのファイヤスタンドは、本格的な料理はむずかしく、ホイル焼きでギリギリできるくらい。

なので、キャンプ飯をしっかり楽しむなら別の焚き火台がオススメです。

また、風を遮るものがないためよく燃える反面、強風では灰や火の粉が舞いやすくキケンな場面もあります。

トランクに余裕があるなら、ファイヤスタンド1台だけでなく風に強い焚き火台も持っていくと安心です。

ユニフレーム ファイヤスタンドを他アイテムと比較

ファイヤスタンドを他の焚き火台と比較しました。

用途でユニフレーム「焚き火ベース450」と比較

まずは、ファイヤスタンドと同じブランド・ユニフレームの「焚き火ベース450」と用途で比較しました。

焚き火ベース450は耐荷重約15kgで、ダッチオーブンも吊るせる焚き火台です。

こんな本格的なギアで調理にこだわるのも楽しそうですが、今ほしいのは焚き火向きのものです。

ササッと焚き火をはじめられるといいな……

なので、組み立てがカンタンなファイヤスタンドの方が用途に合っています。

使い勝手でキャプテンスタッグ「イージーファイアベース」と比較

次は、使い勝手でキャプテンスタッグ「イージーファイアベース」と比較。

お財布にやさしいイージーファイアベースは「ちょっと買ってみようかな!」という気持ちにさせてくれますね。

ただ、お皿のようなデザインで地面から火床までの高さがほぼなく、芝を焼かないよう注意が必要みたい……。

その点、ファイヤスタンドはしっかり高さがあって使い勝手よさそうです。

満足感でヨーラー「メッシュ焚き火台」と比較

最後は、ヨーラー「メッシュ焚き火台」と満足感で比較しました。

ファイヤスタンドとそっくりなメッシュ焚き火台は、重さが2倍近くあるかわりにスタンドが3分割できるのが特徴。

さらに、ファイヤスタンドの3分の1くらいのお値段でコスパよしです。

とはいえ、精度の甘さや網が破れやすいなどのデメリットも聞きます。

メッシュ焚き火台を買っていい感じでも、ファイヤスタンドならもっといいはずって結局買う気がする!

値段の安さには惹かれますが、好きなブランドを応援したい気持ちもあります。

お気に入りブランドのギアを買った方が満足度が高そうなので、ユニフレームのファイヤスタンドを選びました!

ユニフレーム ファイヤスタンドまとめ

ファイヤスタンドは、焚き火向けのシンプルな焚き火台です。

とにかく軽量なので、サブの焚き火台としてもラクに持っていけますよ。

ファイヤスタンドのレビュー
  • ムダのないシンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 特殊耐熱鋼メッシュの火床
  • 本体重量は500g以下
  • クルッと巻いてコンパクト収納
  • 空気を取り入れやすくよく燃える
  • 調理には不向き
  • 強風時は使わない方が安心
  • 焚き火をしっかり楽しめる!

軽いフットワークで焚き火をしっかり楽しむならファイヤスタンドはイチオシ。

ファイヤスタンドで焚き火の燃えっぷりを堪能してください。

あわせて読みたい
【必携】焚き火台のおすすめ人気10選!実際にキャンプで使った本当によかった焚き火台徹底比較! キャンプで焚き火やバーベキューを楽しむためのマストアイテムといえば焚き火台。 直火NGで焚き火台使用がルールのキャンプ場も多いため、まず揃えておきたいアイテムの...

本当に買ってよかったキャンプグッズ20選!

・キャンプ好き管理人&ライター厳選の至極の一品
・これを買えば間違いなし!初心者にもおすすめ
・テントからアクセサリーまで全20品を紹介!

\ 続きを読んでみる /

>>おすすめキャンプグッズ20選はこちらから

この記事の著者

sumi.noga

アウトドアライター&ディレクター / 古民家キャンプ場モノグサ邸の運営
大のアウトドア好き。アウトドアの楽しさをより多くの皆様へ届けたい!

>>運営者情報はこちら




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる