CAMP暮らしのおすすめ記事

SABBATICAL(サバティカル)のおすすめテント「アルニカ」「ギリア」の魅力と口コミを紹介!


SABBATICALは、発表時からすでに話題となっていたテントです。

話題となった理由の一つは「ゼインアーツ」代表・小杉氏がデザイン担当だからです。

そんな注目のギアを「実際に使ってみた評価」は気になるところ。

そこで本記事では、SABBATICALテントの魅力やおすすめモデル、評判・口コミを紹介します。

SABBATICALのテントが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

SABBATICALテントの魅力とは?選び方のポイント

SABBATICALのテントは、機能とデザインの両立・組み立てやすさ・開放感が魅力です。

魅力や選び方のポイントを紹介します。

2019年夏に始動したアウトドアブランド「SABBATICAL」

SABBATICALは、2019年夏にスタートしたアウトドアブランド。

アウトドアブランド「ゼインアーツ」代表・小杉氏がデザインとのニュースに、多くのキャンパーが注目しました。

というのも、ゼインアーツは「自然と調和したデザインと高い機能性」で話題の新鋭ブランドだからです。

SABBATICALテントのラインナップは「アルニカ」「ギリア」の2モデルだけですが、使いやすさ、さまざまなシーンで活躍する柔軟さ、自然を堪能できるパネルなどコダワリを感じます。

移動手段で選ぶ

SABBATICALのテントは車移動でキャンプをする方に向いています!

同社のテントに小型軽量モデルがないのがその理由です。

山岳キャンプなど、自分でテントを背負うなら小型軽量テントが必須。

一方で、車移動なら大きさや重さといった制限はほぼありません。

SABBATICALテントはどれも重量が10kg以上なので、車移動の方に向いていますね。

パネルの自由度で選ぶ

開放感を味わえるのがSABBATICALテントの魅力。

パネルの自由度が高く、たくさんのパネルを開放できます。

前後・左右のパネルを開放したり、メッシュにしたり、跳ね上げたりなどテントによってパネルの自由度が違います。

パネルを開放すれば、自然をたっぷり堪能できるのがポイント。

室内でのびのびするなら、SABBATICALのテントがぴったりです。

風に強い構造で選ぶ

SABBATICALのテントは、ブリッジフレーム構造で風に強いです。

「強風でテントが壊れてしまった……」という話をよく聞きませんか。

SABBATICALテントのブリッジフレーム構造は、ポール同士がフレームで連結されており、風から受ける力を分散するので安心。

したがって、風に強い構造かどうかもチェックするといいですね。

組み立てやすさで選ぶ

SABBATICALテントは組み立てやすく、初心者にやさしいです!

ポールとスリーブの色分けで、組み合わせが一目で分かる仕組みです。

公式の組み立て動画もあります。

アルニカ・ギリアの両モデルを紹介しており、テントの大きさもイメージできるので、チェックしてみてくださいね。

【アルニカ】

【ギリア】

4人用テントでゆったりとした「アルニカ」

SABBATICALテントの2モデルのうち大きいものが「アルニカ」。

メッシュパネル、遮光PU加工、スカートがあり、ギリアより室内環境を調整しやすいです。

アルニカの特徴を深堀りしていきます。

ゆったりとした大きなサイズ

アルニカはリビングスペースと寝室スペースがくっついたゆったり大きめなサイズです。

4人用のインナーテントが付属。

インナーテントなしだと、8~10名ほどが過ごせる大きなシェルターにもなります。

天井部分は遮光PU加工

アルニカの天井部分は、遮光PU加工がされています。

室内の暑さが和らいでうれしいですね。

自由度の高いパネル

アルニカは、自由度の高いパネルも特徴。

オープンにする・メッシュにする・跳ね上げとシーンに合わせられてとても便利!

両サイドの10パネルがオープンに、前後と両サイド6パネルがメッシュにできます。

サイドパネルの連結で、跳ね上げに使うポールを減らせるのもありがたいです。

こういった工夫が「かゆい所に手が届く!」と感じさせます。

さらに、前後パネルの下部にあるベンチレーションで、新鮮な空気が入り気持ちいいです。

冷え込みを防ぐスカート

アルニカの下部にはスカートがあり、冷えた風が入るのを防いでくれます。

寒いシーズンのキャンプでも心強いですね。

レイアウトが楽しめる「ギリア」

ギリアはアルニカより小さいですが、それでも充分な大きさです。

何よりレイアウトを楽しめるのが大きなポイント。

ギリアの特徴をくわしく紹介します。

2人用・5人用それぞれのインナーテントが付属

ギリアは2人用・5人用それぞれのインナーテントが付属します。

買い足さずに済むのがうれしいですね。

アレンジを楽しめる

ギリアは、さまざまなアレンジを楽しめます

  • 2人用インナーテント+広めリビング
  • 5人用インナーテント+リビング
  • 2人用インナーテント+5人用インナーテント
  • インナーテントなしのシェルター

リビングなしですが、最大7人用のテントにもなります。

シーンに合わせられて実用的ですね。

大きく開くサイドパネル

ギリアのサイドパネルは大きく開きます。

開放感があり、室内でも自然に触れているような気分になります。

SABBATICALテントの評判・口コミを徹底調査

SABBATICALテントの口コミをTwitterから紹介します。

信頼できる口コミを選びました。

良い口コミ

SABBATICALテントの良い口コミはこちら。

これらの良い口コミをまとめると、

  • 一人の設営でもカンタン
  • 風や日差しのコントロールができて快適
  • ビジュアル良し

という評価でした。

他の口コミを見ても、ユーザーの満足度が全体的に高いです。

使いやすいテントを探している初心者キャンパーに、SABBATICALのテントはおすすめ。

そこまで高くない価格で充分な機能、良いビジュアルとこれから使い込む道具としてちょうどいいです。

使えば使うほど、SABBATICALのテントは自分になじみますよ!

悪い口コミ

悪い口コミも紹介します。

これらの悪い口コミをまとめると

  • グランドシートは付属しない
  • アルニカが予想以上に大きい
  • テントが大きくて乾かすのが大変

グランドシートは付属せず別売りもないため、自前で用意が必要です。

また、アルニカについては「思ったより大きかった……」と戸惑う方もいました。

大きなテントは乾かすなどのメンテナンスも大変。

少人数の気軽なキャンプをするなら、SABBATICALのテントだと持て余すかもしれません。

SABBATICALテントのよくある質問(Q&A)

SABBATICALテントのよくある質問とその答えをまとめました。

テントに使われているポリエステル素材の特徴は?

アルニカ、ギリアにはポリエステル素材が使われています。

ポリエステル素材の特徴をまとめたのがこちら。

  • 軽量で設営が楽、畳みやすい
  • PU加工なら雨を防水
  • 濡れても重くならない
  • 裏面のPU加工で熱が逃げにくい
  • メンテナンスしやすい
  • 火に弱い
  • 裏面のPU加工で熱がこもりやすい、加水分解する

アルニカ、ギリアは裏面にPU加工されているポリエステル素材を使っています。

火に弱いなどのデメリットはあるものの、軽い・水に強い・メンテナンスしやすいなど、メリットもたくさんあります。

グランドシートは必要?どれを選べばいいの?

グランドシートはあったほうがいいです!

テント底の保護、浸水防止などの役割があります。

とはいえ、サイズを調整したブルーシートでも問題なし。

ブルーシートは保温性がなく、冬キャンプには不向きですが、底の保護や浸水防止に役立ちます。

SABBATICALのテントにはグランドシートが付属しないので、自分で用意しましょう。

テントを長持ちさせるにはどうすればいいの?

テントを長持ちさせるコツは、しっかりメンテナンスをすること、

特に雨キャンプ後は、気をつけるといいですね。

撤収のときはヨゴレを落とし、しっかり乾かしてからたたみましょう。

雨降りなら、自宅でヨゴレ落としと乾燥をするようにしてください。

保管は、できるだけ高温多湿を避けるのがおすすめです。

「自分でメンテナンスは大変……」という方は、クリーニングサービスもありますよ!

SABBATICALのテントまとめ

SABBATICALのテントは、機能とデザインの両立・組み立てやすさ・開放感が魅力です。

SABBATICALテントまとめ
  • 注目のアウトドアブランド「ゼインアーツ」代表・小杉氏をデザイナーに起用
  • 機能とデザインの両立・組み立てやすさ・開放感が魅力
  • 全体的にユーザーの満足度が高い
  • 使いやすいテントを探している初心者キャンパーにおすすめ!

「しっかり使えるコスパのいいテントがほしい!」という初心者キャンパーに、SABBATICALのテントはイチオシ。

実用的な機能が盛りだくさんなのに、アルニカは約8.5万円、ギリアは約4.4万円とかなりお得です。

お手頃なギリアでも2人用・5人用・7人用にアレンジできます。

ゆったりとしたソロキャンプ・家族キャンプ・友人同士でのキャンプなど、さまざまなシーンで使えますね。

SABBATICALのテントで自然をたっぷり感じましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる