6/21,22 Amazonプライムデー開催!事前の準備必須 >>

【ピコグリル 398レビュー】ユニークな形状で可搬性バツグンな焚火台の評判・口コミを紹介!

キャンプのまったりタイムに必須なのは…もちろん焚き火!

焚き火には焚き火台がマストですよね!

サイトで目立つ洗練されたビジュアルの焚き火台「ピコグリル 398」。

重量は500gもせず厚さ1cmに折りたため、可搬性バツグンのギアです。

ピコグリル 398って華奢なイメージがあるんだけど、使ってみてどう?

重たい鍋には使えないけど、普通の鍋なら問題なし!

本記事では、私が実際に使ってみて感じたピコグリル 398のメリット・デメリットやユーザーの口コミなどを紹介します。

ピコグリル 398が気になる方はぜひい参考にしてください。

あわせて読みたい
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方キャンプで焚き火やバーベキューを楽しむためのマストアイテムといえば焚き火台。直火NGで焚き火台使用がルールのキャンプ場も多いため、まず揃えておきたいアイテムの...
タップできる目次

ピコグリル 398の特徴と性能

中身はたったこれだけ!

まずはピコグリル 398の特徴・性能を紹介します。

商品名ピコグリル 398
サイズ収納時:33.5cm×23.5cm×1cm
組立時:38.5cm×26cm×24.5cm
材質ステンレス
重量約365g(本体)
セット内容Spit(串2本)・収納ケース・日本語説明書
ピコグリル 398の詳細

洗練されたユニークなデザイン

画像引用:Pikari outdoor-shop

焚火台として快適に使える機能はそのままに軽さを追求し、ムダを削ぎ落としたデザイン。

その洗練されたユニークなビジュアルは美しく、多くのキャンパーが憧れるギアです。

また、「環境問題に配慮して最小限のパーツでデザインする」という北欧ブランドらしいポリシーも素晴らしいですね。

高い可搬性

画像引用:Pikari outdoor-shop

本体の重量はわずか約365gで、折りたたむと厚さ1cmのフラット形状になります。

A4サイズよひと回り大きなケースに収納可能!

この圧倒的な可搬性で、バックパックでの持ち運びもストレスなくラクラクです。

組み立ても、フレームを広げて火床をはめ込むだけで完了。

燃焼効率のいい構造

燃焼効率がよく、火の扱いがカンタンな構造です。

薪の方向がそろえられる火床に複数のスリットがあるなど、空気の通り道をしっかり確保できます。

経験の浅い初心者キャンパーでも気軽に焚火を楽しめていいですね。

ゴトクや串焼きに使えるスピット付属

付属するスピットはゴトク・串焼きに使えて便利です。

シンプルなデザインでかさ張らず、本体と一緒にケースに収納できます。

ピコグリル 398のメリット

ピコグリル 398を使ってみて、個人的に感じたメリットをまとめました。

機能的でユニークなデザイン

曲がった板とフレームだけのシンプルでユニークなデザインが目を引きます。

スマートで機能美を感じられるデザインがカッコいい!

実際に使ってみると、組み立てがラクで焚火台としても使いやすいと好印象。

とくに、大きな薪がそのまま使える火床のデザインは見事です。

ビジュアルだけのギアではなく、ファンが多いのも納得できますね。

とにかく軽い&薄い

本体がとにかく軽くて、初めて手にした時は驚きました。

なんと重さは袋も含めて428g(!)

350mlの缶ビールとほぼ同じ重さなんです!

ほかのギアと比較しても、これより軽い焚火台はなかなか見当たりません

そして薄さもピカイチ。

1~2cmで収まるので、かさばる心配がありません…!

荷物が多くなることが多いキャンプではかなり嬉しいですよね。

バックパックに入れて運びやすいので、とくに沢登りする方やバイクキャンパーにもイチオシ!

軽いだけでなく剛性もあるので大きめの薪を入れてもまったく問題ありません。

安定感は抜群ですよ。

灰の処理がカンタン

火床に残った灰を処理しやすい構造がうれしい!

冷めた火床を持って火消しつぼにザーッと流し込めばOK。

火床に角がなく灰がたまりにくいため、すぐキレイになり手間いらずです。

後片付けは面倒に思いがちなので、カンタンに処理できるのは助かります。

ピコグリル 398のデメリット

ピコグリル 398のデメリットも紹介します。

重たい鍋が使えない

重たい鍋をのせるには、ピコグリル 398だと不向きです。

ピコグリル 398本体の重さが軽いため、鍋によっては重心が高くなり不安定になるから。

なので、シーンに合わせてドッシリした別の焚火台と使い分けた方が安心。

コンセプト優先で少し扱いにくい点も

ピコグリル 398の少し扱いにくい点を紹介します。

  • 火床の端が鋭利
  • 使用時は火床の中心がくぼむため、火力調整がしにくい
  • 火床のスリットから灰が落ちる

軽量を目指しつつ機能性をしっかり確保するコンセプトは魅力的ですが、もう少しユーザーフレンドリーになればさらに素晴らしいですね。

とはいえ、軍手を使う・薪の位置を調整する・下に金属トレーを敷くといった対応で大きな問題はありません。

ピコグリル 398の評判・口コミ

ピコグリル 398についての評判・口コミを紹介します。

良い評判・口コミ

これらの良い評判・口コミをまとめると、

  • 大きな薪でも使える
  • 可搬性が高い
  • 焚火しやすい
  • いろいろなゴトクが使えて便利

大きな薪でも使える」「可搬性が高い」「焚火しやすい」「いろいろなゴトクが使えて便利」など、使いやすさで高評価でした。

軽くてバックパックに入れやすいため、徒歩やバイク移動のユーザーも多いようです。

悪い評判・口コミ

これらの悪い評価・口コミをまとめると、

  • サイズ違いのピコグリルと迷ってしまう
  • 重たい鍋が使えない
  • 値段が高い

ピコグリルの中でも形状が同じ3モデルをまとめると、

モデル名サイズ重量
398収納時:約33.5×23.5×1cm
組立時:約38×25×24.5cm
約 365g(本体)
498収納時:約35×25×1.8cm
組立時:約41×28×21.5cm
約 490g(本体)
760収納時:約45×30×2.5cm
組立時:約54×38×27cm
約 740g(本体)
ピコグリルのラインナップ

可搬性が気にならないモーターキャンプでさらに焚火を楽しみたい方は、760など大きなモデルを選ぶのもアリ!

ピコグリル 398はとにかく軽いため、鍋によっては重心が高くなり危険です。

そのため、重たいダッチオーブンなどを使うなら、別の焚火台を用意するのがおすすめ。

下記の記事でおすすめの焚き火台をまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ピコグリル 398を他アイテムと比較

ピコグリル 398を他のラックと比較しました。

可搬性でスノーピーク「焚火台 M」と比較

まずは、スノーピーク「焚火台 M」と可搬性で比較。

焚火台 Mは大人気ブランドのギアだけあり、ガッシリとした作りで安心感があります。

ただ重量をみると、

  • ピコグリル 398・・・約365g
  • 焚火台 M・・・3.31kg

重量差が9倍ほどあり、ピコグリル 398の方が圧倒的に軽いです。

なので、可搬性を考えてピコグリル 398を選びました。

使い勝手でベルモント「TOKOBI」と比較

次は、ベルモント「TOKOBI」と使い勝手で比較します。

TOKOBIは燃焼効率のいいメッシュの薪受けが特徴の焚火台。

とはいえ、地面に灰が落ちやすく準備・後片付けが面倒そう……。

ピコグリル 398も火床にスリットがあるため灰が落ちますが、全面メッシュよりかなり少ないはず。

また、TOKOBIの重量は約2.2kgなので、やはりピコグリル 398の軽さには敵いません。

準備や後片付けなどの使い勝手のよさでピコグリル 398に軍配があがります。

満足感でTokyoCamp「焚火台」と比較

最後は、満足感でTokyoCamp「焚火台」と比較です。

TokyoCampの焚火台もユーザーが多く「ピコグリルと似た使い心地ながら低価格で導入しやすい」というのが人気の理由。

安さに気を引かれますが、以前ピコグリルに触れる機会があり、使い勝手のよさはすでに経験済みです。

なので、お試しで安いものを買う必要がなく、ピコグリルそのものを買った方が満足できると判断しました。

あのとき触ったピコグリルが忘れられない!

ピコグリル 398まとめ

ピコグリル 398は、機能性と可搬性の高さを両立したユニークなギア。

大きな薪でもそのまま使えて助かります。

ピコグリル 398のレビュー
  • 洗練されたユニークなデザイン
  • 本体重量わずか約365g、収納時の厚さ1cmで可搬性バツグン
  • 大きな薪も使えて燃焼効率もいい
  • 灰の処理がラク
  • 重たい鍋には不向き
  • 沢登りやバイクキャンパーにぴったり!

荷物を軽くしたいけど、焚き火も楽しみたいならピコグリル 398はイチオシ。

焚き火をしながらピコグリル 398の洗練されたデザインを楽しんでください。

あわせて読みたい
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方キャンプで焚き火やバーベキューを楽しむためのマストアイテムといえば焚き火台。直火NGで焚き火台使用がルールのキャンプ場も多いため、まず揃えておきたいアイテムの...

本当に買ってよかったキャンプグッズ20選!!

・キャンプ好き管理人&ライター厳選の至極の一品
・これを買えば間違いなし!初心者にもおすすめ
・テントからアクセサリーまで全20品を紹介!

\ 続きを読んでみる /

>>おすすめキャンプグッズ20選はこちらから

この記事の著者

sumi.noga

アウトドアライター&ディレクター / 古民家キャンプ場モノグサ邸の運営
大のアウトドア好き。アウトドアの楽しさをより多くの皆様へ届けたい!

>>詳しいプロフィールはこちら




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる