買ってよかったキャンプ用品 >>

【キャンプ料理が楽しく】キッチンテーブルのおすすめ人気8選!

アウトドアでちょっと手の込んだキャンプごはんを作るのは楽しいですよね!

しかし、自宅のような調理スペースがないキャンプサイトでの調理は想像以上にうまくいかないもの。

調理用具がゴチャゴチャして料理しづらい!

テーブルが低くて腰がつらい……

そんな問題を解消してくれるのが、キッチンテーブル(キッチンスタンド)です。

本記事では、キッチンテーブルの選び方のポイントとおすすめのモデルを紹介します。

キャンプの料理をもっと楽しみたい人はぜひ参考にしてください。

タップできる目次

キッチンテーブルの魅力と選び方のポイント

まずはキッチンテーブルの魅力と使い方、選び方のポイントを紹介します。

自宅のキッチンのような調理専用スペースができるアイテム

キッチンテーブルがあれば、食事や団欒をするテーブルと料理をするテーブルを分けられます。

別々にすることにより、調理や洗い物がスムーズにできますし、食事用テーブルに余計な調理用具や食材を置かずにすむのでスッキリ使用できます。

家族キャンプや大人数のキャンプでは特に重宝するアイテムですよ!

ツーバーナーを使うかどうかで選ぶ

調理にツーバーナーを使いたい場合は、バーナースタンドがあるタイプがおすすめ。

シングルバーナーやカセットコンロを使う場合は バーナースタンドが必要ないので、広く使える天板だけのタイプのほうが使いやすいですよ。

サイズと高さで選ぶ

天板の広さ・収納サイズ・高さを必ずチェックしましょう。

天板が広いほど調理スペースが増えますが、収納サイズも大きくなるのでオーバースペックではないかを考えて選んでみてください。

また、テーブルが高すぎたり低すぎたりすると、腰に負担がかかってしまいますので、高さが身長に合うかも重要なポイントです。

キッチンの高さの目安とは?

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm で計算します。
例)身長160cmの場合:160cm÷2+5cm=85cm

機能性で選ぶ

風防・ツールラック(ハンガー)・収納スペース・ランタンフック・ゴミ袋掛け・タオル掛けなど、使いやすい機能もチェック!

自宅のキッチンを思い浮かべながら自分に必要な機能を選んでみてくださいね。

フックなどを別に購入して自分なりにカスタマイズしていくのも楽しいですよ。

下記の記事では、便利なフィールドラックを紹介しているのでぜひ参考にしてください!

キッチンテーブルのおすすめ人気8選

ここからは、おすすめのキッチンテーブルを厳選して8つ紹介します。

オールブラックがクールなDOD「クッキングキング」

DOD「クッキングキング」は、120cm幅の広い調理スペースと、目隠しできる大きな収納棚が特徴です。

天板は半分が汚れを拭き取りやすい合成樹脂、半分が熱い鍋もそのまま置ける耐熱メッシュと使い勝手良し!

ランタンハンガーとツールフックも付いてマルチに使える1台です。

ナチュラルな風合い FIELDOOR「ウッドロールトップ キッチンテーブル」

FIELDOOR「ウッドロールトップ キッチンテーブル」は、ナチュラルな天然木の風合いのキッチンテーブル。

ドイツのブナ材を使用しているので強度も充分にあります。

天板をクルクルと巻いてスリムに収納できるので、持ち運びにも便利です。

丈夫なアカシア材のビジョンピークス 「 アカシアキッチンテーブル」

ビジョンピークス キッチンテーブル」は、耐久性に優れたアカシアの木材を使用したキッチンテーブルです。

バーナースタンドがないので、キッチンテーブルとしてもラックとしても使えます。

同ブランドのアカシア材のシリーズを組み合わせて使っても統一感が出ておすすめです!

シンプルでおしゃれなロゴス「LOGOS Life キッチンパーティーカウンター」

ロゴス「キッチンパーティーカウンター」は、本記事で紹介する中で最軽量&収納がもっともコンパクトなモデル。

着脱可能な風防はキッチンツールラックとしても使えます。

高さ83.5cmは大人が立って使うのにぴったりのサイズ!

ちょっとしたスタンディングテーブルとして使うにもおしゃれです。

コンパクトに収納できるユニフレーム「キッチンスタンドⅢ」

ユニフレーム「キッチンスタンド3」は、丸洗いできて清潔に保てるステンレス天板のキッチンテーブル。

前モデルの「キッチンスタンドⅡ」から脚部をラチェット式に変更し、さらにコンパクトになりました。

バーナースタンドは別売りの天板でフラットなテーブルにすることも!

必要な機能が揃ったコールマン「オールインワンキッチンテーブル」

コールマン「オールインワンキッチンテーブル」は、キッチンテーブルに必要な機能がそろったオールインワンタイプ!

各パーツは細かく分解でき、天板を二つ折りにしたなかにすべて収納できるので、アタッシェケースのようにスッキリ持ち運べます。

同じコールマンのツーバーナーがシンデレラフィットするので、コールマン同士でそろえるのがおすすめです。

使い方が多彩なキングキャンプ「フォールディングラック」

キングキャンプ「フォールディングラック」は、キッチン用としても、普通のラックとしても使えるラック。

棚部分はメッシュで軽量、防水加工された竹製の天板は丈夫で広いので調理にピッタリです。

天板は取り外し可能なので、テントの内外でメッシュラックとしても使用可能。

キッチンテーブルに特化していないので、様々なシーンに対応できますよ。

KingCamp(キングキャンプ) キャンプ フォールディングラック 多機能 折りたたみ キャンピングラック メッシュ 置台 棚 シェルフ カセットコンロ 置く可能 軽量 省スペース キッチン リビング

本格的な厨房仕様のtent-Mark DESIGNS「ワーク テーブル」

tent-Mark DESIGNS「ワーク テーブル」は、アウトドア料理人の小雀陣二さんのアイデアから生まれた、テンマクデザインのシステム調理台です。

まるでレストランの厨房のようなオールステンレス製で、天板は奥行き540mmと広々。

キャンプで本格的な料理をしたい人におすすめです。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ワーク テーブル 【HIセット】

おすすめ人気キッチンテーブル比較一覧表

スクロールできます
製品名 DOD クッキングキング
FIELDOOR ウッドロールトップ キッチンテーブル



ビジョンピークス アカシアキッチンテーブル

ロゴス LOGOS Life キッチンパーティーカウンター
ユニフレーム キッチンスタンドII


コールマン オールインワンキッチンテーブル


キングキャンプ フォールディングラック



tent-Mark DESIGNS ワーク テーブル


特徴収納付きで使いやすい木製でナチュラルな風合いラックとしても使える軽量でオシャレなカウンターテーブルコンパクトに収納可必要な機能が揃ったオールインワン竹製の丈夫な天板本格的な料理もできる広い天板
本体サイズ(約)W120×D48×H58/77cm バーナースタンド:(約)W57×D52×H61cm (約)148cm×45cm×80cm 約112.0×40.0×80.0(H)cm (約) 幅90×奥行48×高さ83.5/112cm108×37×高さ77.5cm約149×55.5×170・190(h)cm幅80×奥行46×高さ75cm85×54×85(高)cm
収納サイズ本体:(約)W120×D48×H58/77cm バーナースタンド:(約)W57×D52×H60cm (約)92cm×19cm×17cm約110.0×40.0×17.0(H)cm(約)幅13.5×奥行12×高さ91cm58×37×厚さ9.5cm約80×11×28(h)cm幅81×奥行17×高さ12cm85×54×7高)cm
重量本体:(約)7.8㎏ バーナースタンド:(約)1.5㎏(約)9kg約9.3kg(約)4.6kg約5.9kg約6.7kg5kg10.3kg
耐荷重本体:30kg バーナースタンド:20kg 収納棚:5kg ランタンハンガー:1kg天板 : 30kg ・グリル台 : 30kg(約)30kg15㎏(棚板1枚につき)テーブル/約30kg、シェルフ/約25kg50㎏天板部分 20kg
中棚 8kg
スタンディングラック 8kg
おすすめ人気 キッチンテーブル比較一覧表

キッチンテーブルの評判・口コミを徹底調査

キッチンテーブルに関する口コミをTwitterから調査しました。

良い口コミ

良い口コミとしては以下の意見がありました。

  • 料理がしやすくなる
  • 大人数のキャンプで活躍する
  • 調理用具のゴチャつきがなくなる

キッチン専用スペースがあると料理もしやすく、調理用具がスッキリまとまります。

キャンプサイトのレイアウトもオシャレになりますね!

悪い口コミ

悪い口コミとしては以下の意見がありました。

  • 持ち運びにかさばる
  • 素材によっては重くて運びづらい
  • 簡単な料理だけなら使わないことも

キッチンスペースがあるのは便利ですが、キッチンテーブルはキャンプギアの中でも大きめなので、持っていくか迷うという人も。

便利さを選ぶか、ミニマムを選ぶかは悩みどころです。

キッチンテーブルのよくある質問(Q&A)

キッチンテーブルに関するよくある質問をまとめました。

料理がしやすいサイト選びのポイントは?

キャンプでキッチンエリアを作るなら、大前提としてキッチンエリアを確保できる広さがあり、平坦で傾斜のないサイトを選ぶことが大切です。

また、料理にも洗い物にも水をよく使うので、水場が近いサイトがおすすめです。

使いやすいキッチンテーブルのレイアウトは?

基本的には自宅のキッチンと同じ導線にするのがおすすめ。

バーナー・ウォータージャグ・クーラーボックスなどを直線的に配置する、もしくはL字型に配置すると動きがスムーズになりますよ。

キッチンエリアをスッキリさせるコツは?

スッキリした印象のキッチンエリアにするには、キッチンテーブルや棚を並べるときに高さを合わせるのがポイント。

また、ゴミ袋など生活感の出るアイテムは徹底的に隠すのもスッキリさせるコツです。

あらかじめキッチンツールや調味料などをひとまとめにしておけば、ゴチャゴチャせずスムーズに料理ができますよ。

おすすめのキッチンテーブルまとめ

キャンプ料理をもっと楽しみたいなら、キッチンテーブルを使うのがおすすめです。

キッチンテーブルまとめ
  • キッチンテーブルがあれば調理専用スペースができ、料理が楽しくなる
  • 食事テーブルと用途を分けられ、機能的に使える
  • ツーバーナーを使わなければ一般的なテーブルを代用してもいい
  • テーブルの広さ・高さ・収納の多さがポイント
  • 自宅のキッチンと同じレイアウトを意識する

収納サイズが大きいのでキッチン専用のテーブルは必要ないと考える人もいるかもしれませんが、キッチンテーブルがあればキャンプ料理がもっとやりやすく、楽しくなることは間違いありません!

これからキャンプ料理にもっとこだわってみたい人は、この記事で紹介したモデルをぜひ参考にしてくださいね。

本当に買ってよかったキャンプグッズ20選!

・キャンプ好き管理人&ライター厳選の至極の一品
・これを買えば間違いなし!初心者にもおすすめ
・テントからアクセサリーまで全20品を紹介!

\ 続きを読んでみる /

>>おすすめキャンプグッズ20選はこちらから

この記事の著者

sumi.noga

アウトドアライター&ディレクター / 古民家キャンプ場モノグサ邸の運営
大のアウトドア好き。アウトドアの楽しさをより多くの皆様へ届けたい!

>>運営者情報はこちら




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる