キャンプぐらしのおすすめ記事

【設営簡単】ドームテントおすすめ人気6選を紹介

テントといえば「かまくら」みたいなドームテントをイメージする方も多いですよね。

そんなドームテントは、組み立てがカンタン・キレイに張りやすい・ラインナップが豊富といった特徴を持ち、根強い人気があります。

とはいえ「どのドームテントも似ていて、どれがいいのか悩む……」という方も多いはず。

そこで本記事では、各ブランドのドームテントからおすすめ人気の6モデルを紹介します。

ドームテント選びの参考にしてください。

タップできる目次

ドームテントの魅力と選び方のポイント

ドームテントは組み立てやすく初心者におすすめですが、こだわりの仕様で上級者向けモデルもあります。

ここではドームテントの魅力、選び方のポイントを紹介します。

豊富なラインナップが魅力のドームテント

各ブランドがさまざまなドームテントをデザインし、初心者から上級者向けまでラインナップが豊富です。

そんなドームテントのルーツは、モンゴルの伝統的な移動式住居ゲルではないかといわれています。

ドームテントは、シンプルなものから斬新なものまでさまざま。

より広く、より頑丈にとそれぞれのモデルに特徴があり、きっと自分に合ったものが見つかるはずです。

シンプルな構造で初心者でも組み立てがカンタン

組み立てがカンタンなドームテントは初心者におすすめ

基本的には、クロスさせたポールの元に戻ろうとする力でテントの形を作ります。

組み立てはポールをテントのスリーブに通すだけで、慣れたらすぐ設営完了です。

自立するためペグダウンできない地面でも設営できる

ドームテントはペグや張網なしで形になる自立式のテントです。

そのため、硬い地面やアスファルトの上や砂浜など、ペグダウンできない、もしくはしにくい地面でも設営できるのが特徴。

風対策として、テントを車・木・大きな石などにロープで固定するようにしてください。

アーチ状の天井で圧迫感が少なく、風にも強い

ドームテントの天井はアーチ状になっており、圧迫感が少なく風にも強いです。

ポールのおかげで天井のアーチが緩やかで、寝転がると天井が広びろ。

またアーチ状の天井は、風からの影響を減らすため、テントが飛ばされたり破れたりするのを防いでくれます。

組み立てた後にテントを少し移動させられる

ドームテントは、組み立てた後にちょっと移動させるのもOK!

地面のデコボコ、日差し、風など設営した場所にちょっとした不満を感じることもあるはず。

そんなときは、テント全体を持ち上げて少し移動させちゃいましょう。

これは自立式のテントならではのワザですね。

ドームテントのおすすめ人気6選

おすすめの人気ドームテント6モデルを紹介します。

定番ブランドColemanのドームテント「BCクロスドーム 270」

Colemanのドームテントは、定番で外れなしの安心感。

定番ブランドのテントでキャンプを始めたい方に、約2万円とコスパの良い「BCクロスドーム 270」はぴったりです。

キャノピー付きでちょっとしたタープ代わりになるのも便利ですね。

こちらの記事では「Colemanのおすすめテント」を紹介しています。

ゆったりしたソロキャンプはMSR「ハバハバNX」

MSRのベストセラーテント「ハバシリーズ」の2人用がこの「ハバハバNX」。

広さと軽さのバランスがよく、ゆったりくつろぎながらソロキャンプを楽しめます。

航空機グレードの複合素材で作られたポールは弾力性があり、山岳地帯でも活躍します。

こちらの記事では「MSRのおすすめテント」を紹介しています。

デザインと機能性を両立したSnow Peak「ランドブリーズPro.」

Snow Peak「ランドブリーズPro.」はデザインが良く、使いやすい機能が満載です!

年中キャンプを楽しむヘビーユーザー向けで、複数のメッシュパネルにより温度調整ができて快適。

前室が広く、ギア置き場として使えるのもうれしいですね。

こちらの記事では「Snow Peakのおすすめテント」を紹介しています。

登山もOK!丈夫で室内も居心地よしなTHE NORTH FACE「ノーススター4」

ジオデシック構造のTHE NORTH FACE「ノーススター4」は、丈夫で室内も居心地よしです!

耐風性が高いジオデシック構造で壊れにくく、ハードな環境でも安心して使えます。

天井は高めの173cmで室内移動がスムーズです。

こちらの記事では「THE NORTH FACEのおすすめテント」を紹介しています。

とにかくコスパがいい!初テントならTENT FACTORY「グリーンサイドドーム3L」

安くて使いやすいテントがほしい方にイチオシなのが、TENT FACTORY「グリーンサイドドーム3L」。

3人用テントでも約7千円は驚きの価格です。

安いだけでなく、メッシュドアもあって使いやすいですよ!

こちらの記事では「TENT FACTORYのおすすめテント」を紹介しています。

夏キャンプを涼しく楽しむmont-bell「レラドーム」

夏キャンプを涼しく楽しむなら、mont-bell「レラドーム」で決まり!

全面のメッシュとレインフライの前後にあるベンチレーションで、気持ちよく風が循環します。

軽めの4人用テントなので、室内をゆったり使いたいバイクキャンパーにもいいですね。

モンベル(mont-bell)
¥46,800 (2021/01/24 16:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事では「mont-bellのおすすめテント」を紹介しています。

おすすめ人気のドームテント比較一覧表

製品名BCクロスドーム 270

ハバハバNX

ランドブリーズPro.
ノーススター4

グリーンサイドドーム3L
レラドーム
特徴定番ブランドのテントでキャンプを始めたい方にぴったり軽さと広さのバランスよし。弾力性あるポールで山岳キャンプでも安心デザインのよさと充実した機能が魅力。年中キャンプを楽しみたい方向きジオデシック構造で風に強く頑丈。天井が高く快適な室内コスパ重視のモデル。低予算でもしっかりしたテントがほしい方におすすめ風通しのいい全面メッシュのテント。夏キャンプにイチオシ
重量約10kg約1.7kg9.2kg6.2kg4.1kg約3.2kg
人数 4〜5人2人3~4人4人2~3人4人

ドームテントの口コミを徹底調査

ドームテントの口コミを徹底調査してまとめました。

参考になるキャンパーのコメントを紹介します。

良い口コミ

これらの口コミをまとめると、

  • 地面が硬くても設営ができる
  • 設営がカンタンで外観もキレイ
  • 前室やキャノピーがあると、雨でも座ってくつろげる

ドームテントは地面を気にせずカンタンに設営ができて、デザインや使いやすさも魅力というのが分かります。

特に、これからキャンプを始める初心者にはテントの定番ドームテントがおすすめ!

使い勝手がいいのはもちろん、経験者からのアドバイスをもらいやすいからです。

悪い口コミ

これらの口コミから分かったことは、

  • 天井高があると、フライシートをかけたりベンチレーションを開閉したりが大変
  • 機動性と開放感は、ワンポールテントなど他のテントに負けることがある
  • 定番すぎてツマラナイ

ドームテントは大型になるほど使い勝手が悪くなりがちですが、居住性は良くなります。

したがって、どれくらい室内を使うか考えてテント選びすると失敗しにくいですよ。

テント内でくつろぐなら大きめ、寝るだけなら人数ぴったりのサイズで選ぶと、大きさと使い勝手のバランスがとれます。

「みんなと同じはツマラナイ……」という方は、よくある形のドームテントだと少し物足りないかもしれませんね。

ドームテントのよくある質問(Q&A)

ドームテントのよくある質問とその回答をまとめました。

ポールやテントの修理ってどこにお願いするの?

使用しているテントのメーカーに問い合わせて、修理やパーツ交換の対応をしているか聞いてみましょう!

対応しているメーカーでは、自社のサポート窓口や販売店から修理・パーツ交換の依頼ができます。

本記事で紹介したテントだと、ColemanやSnow Peakが特に手厚くアフターサポートをしています。

ドームテントは一人でも設営が簡単?

ペグや張網なしで形になるドームテントは、一人でも設営が簡単です!

非自立式のテントをキレイに張るには慣れが少し必要ですが、ドームテントはすぐにキレイに張れます。

大きすぎるテントの設営はやはり大変なので、ソロキャンプなら2人用テントくらいがちょうどいいですよ。

ポールを長持ちさせるには?

ポールを長持ちさせるコツは、ちゃんと奥まで挿してつなげることです!

挿し込みが甘いと、テントを立ち上げるときなどに変形してしまいます。

テントのスリーブにポールを通すときは押すだけにして、引かないようにするといいですね。

また、ドームテントは張網やペグなしで設営できますが、風対策に張網をしたほうがポールにやさしいです。

ドームテントのまとめ

設営がカンタンでキレイに張りやすく、ラインナップが豊富なドームテントは魅力的です。

本記事では約7千円~10万円で、コスパ重視のものからヘビーユーザー向けのものまで紹介しました。

ドームテントまとめ
  • ペグ・張網なしで設営できる
  • 初心者でも設営がカンタンでキレイに張りやすい
  • 各ブランドのラインナップが豊富
  • ユーザーが多くアドバイスをもらいやすい

ユーザーが多く、アドバイスをもらいやすいため、テント選びに迷っているなら、とりあえずドームテントを選ぶのもアリ!

ドームテントでキャンプを始めましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる