6/21,22 Amazonプライムデー開催!事前の準備必須 >>

【キャプテンスタッグ カマドレビュー】コンパクトでスタイリッシュな焚火台の評判・口コミを紹介!

キャンプのまったりタイムに必須なのは…もちろん焚き火!

焚き火には焚き火台がマストですよね!

キャプテンスタッグの焚き火台「カマド」は、四角くコンパクトなビジュアルがスタイリッシュで人気のギア。

別売りのアクセサリーを使ったりDIYするなど、カスタマイズするのも楽しいです。

B6型のカマドってかなり小さいけど、使いにくくないの?

ソロキャンプ用にはなりますが、火力調整できて使いやすいですよ!

本記事では、私が実際に使ってみて感じたキャプテンスタッグ カマド(B6型)のメリット・デメリット比較した焚火台などを紹介します。

カマドが気になる方は、参考にしてください。

あわせて読みたい
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方
【キャンプ必携】焚き火台のおすすめ人気7選とその選び方キャンプで焚き火やバーベキューを楽しむためのマストアイテムといえば焚き火台。直火NGで焚き火台使用がルールのキャンプ場も多いため、まず揃えておきたいアイテムの...
タップできる目次

キャプテンスタッグ カマド(B6型)の特徴と性能

まずはカマド(B6型)の特徴・性能を紹介します。

商品名カマド(B6型)
サイズ使用時:幅200×奥行125×高さ180mm
収納時:幅200×奥行125×厚さ35mm(グリルのみ)
材質本体・炭受け:ステンレス鋼
ゴトク・アミ・目皿:鉄(クロムめっき)
収納バッグ:ポリエステル
重量約760g
セット内容本体×1、炭受け×1、ゴトク×1、アミ×1、目皿×1、収納バッグ×1
カマド(B6型)の詳細

ソロキャンプにぴったりのサイズ感

画像引用:キャプテンスタッグ公式

20cm四方に収まるコンパクトなサイズはソロキャンプにぴったり。

折りたたむと厚さはわずか35mmで、付属の収納バッグに入れると気持ちよくパッキングできます。

重さは1kg未満なので、徒歩やバイク移動の方にもいいですね。

ゴトク・アミ付属ですぐ使える

ゴトクやアミはセットに付属しています。

なので、とくにこだわりがなければ買い足さなくてOK。

ゴトク・アミは鉄製でさびやすいものの、冷めにくくて調理しやすいです。

シーンに合わせて火力調整が可能

高さが変えられる炭受け

炭受けの高さを3段階で変えられ、火力調整が可能。

燃料や用途に合わせやすくて助かる!

火加減を弱くできるため、焼きながら食べたい方に持ってこいの機能です。

さらに便利になる別売りアクセサリーも

カマドがさらに便利になるアクセサリーもラインナップされています。

自分の用途に合ったアクセサリー追加するといいですね。

サイズが合えば純正でなくてもOKですが、純正は手軽にシンデレラフィットするのが魅力。

アクセサリー用途
グリルプレート(鋳鉄・ステンレス)・キャンプ飯にこだわりたい方に
マルチパネル・炭受けの拡張
・カトラリーなどの小物置き
・薪などの燃料をこぼれにくくするフロントパネル
竹製 マルチボード・使い終わったカマドをテーブルとして
カマド用アクセサリー

ネジなしで組み立てがカンタン

画像引用:キャプテンスタッグ公式

組み立てはネジなしでカンタンです。

ステンレスの板を開いて「コの字」型の枠を作り、目皿・炭受け・ゴトクをスリットにはめ込むだけ。

ドライバーなど工具が不要でいいですね。

キャプテンスタッグ カマド(B6型)のメリット

カマド(B6型)を使ってみて、個人的に感じたメリットをまとめました。

カスタマイズで自分のギア感が出る

カスタマイズで自分のギア感が出るのがたまらない!

そのまま使うのも悪くありませんが、使いやすくするならとくに炭受けの拡張がおすすめ。

公式アクセサリーのマルチプレートを使ったり、100均の網などでDIYすれば快適です。

この小さな筐体にどう手を加えようか考えるとワクワクします

火力調整ができて便利

炭受けの高さを変えて火力調整できるのが便利です。

火力調整しにくい焚火台だと食材がすぐ焦げてしまい焼きながら食べるのが大変。

火を弱く調整したカマドなら焦げにくく、食事を楽しむ余裕があります!

また、ゴトクまでの距離が変えられるため、薪以外の熱源が使えるのもうれしいです。

組み立てやすく、気軽に使える

すぐ組み立てられて気軽に使えるのもお気に入りポイント!

面倒くさがりな私でも、ちょっとしたコーヒータイムで使うくらい夢中に……

小型ギアは組み立てが思ったよりむずかしく感じることもありますが、このカマドはドライバーなしですぐ完成。

複雑なパーツがないため使用後も洗いやすく、また使う気になれます。

キャプテンスタッグ カマド(B6型)のデメリット

カマド(B6型)のデメリットも紹介します。

そのままだと大きな薪が使えない

そのままだと大きな薪が使えないのが不便……。

炭受けのデザインもコンパクトなため、大きな薪だと飛び出してしまいます

とはいえ、オプションであるマルチパネルや100均などの網で手前に炭受けを延長すれば大丈夫。

一手間かける必要はありますが、大きな薪が使えると火の管理がラクになりますよ。

ソロ以外では使いにくいサイズ

小型サイズで2人以上のキャンプだと使いにくく、シーンを選びます。

この小ささが魅力なので仕方ないですが、家族やグループキャンプがメインの方にはおすすめしにくいです。

カマドはソロキャンプ用として割り切って、ワイワイ囲める大きなサイズの焚火台も用意した方がストレスなく楽しめます。

キャプテンスタッグ カマド(B6型)の評判・口コミ

カマド(B6型)についての評判・口コミを紹介します。

良い評判・口コミ

これらの良い評判・口コミをまとめると、

  • ソロキャンプにぴったり
  • 安くて気軽に買える
  • 便利で使い勝手がいい

ソロキャンプにぴったり・安くて気軽に買える・便利で使い勝手がいい、などソロキャンプでの定番ギアとして人気なのが分かります。

サイズ違いのB5型を導入している方も多いです。

悪い評判・口コミ

これらの悪い評判・口コミをまとめると、

  • もう少し大きめなサイズだといい
  • 薪を割る必要があり手間

カマドのB6型はコンパクトなサイズが魅力ですが、シーンによっては使いにくいこともあるので、もう少し大きな焚火台と使い分けた方がいいです。

デフォルトでは炭受けも小さいため大きな薪は使えませんが、マルチパネルで炭受けを拡張すると対応できます。

他の使い方もできる便利アイテムなので合わせて買っておくのがおすすめ。

キャプテンスタッグ カマド(B6型)を他アイテムと比較

カマド(B6型)を他のラックと比較しました。

使い勝手でロゴス「ピラミッドグリル」と比較

まずは、使い勝手でロゴス「ピラミッドグリル」と比較しました。

ピラミッドグリルも1〜2人用の焚火台でスタイリッシュですね。

ただ、炭受けの高さが変えられず、小さな炭でないと食材が焦げやすいみたい……。

その点キャプテンスタッグのカマドは、炭受けの高さを調整できるのがありがたいです。

使い勝手のよさを考えるとキャプテンスタッグのカマドに軍配。

信頼感でヨーラー「バーベキューコンロ」と比較

次は、ヨーラー「バーベキューコンロ」と信頼感で比較。

「B6型のカマドとそっくりの仕様ながら低価格でお試しにぴったり」とバーベキューコンロは話題のギアです。

とはいえ、値段なりなのか品質にアタリハズレがある模様。

また、カマドの値段もかなり下がりバーベキューコンロとほぼ同額で買えるようになりました。

そうなると、品質がしっかりしているキャプテンスタッグ製のカマドを選んだ方が安心ですね。

ビジュアルでキャプテンスタッグ「カマド(B5型)」と比較

最後は、同ブランドの「カマド(B5型)」とビジュアルで比較です。

それぞれの使用時のサイズをみると、

  • B5型・・・幅255×奥行180×高さ255mm
  • B6型・・・幅200×奥行125×高さ180mm

どちらもソロキャンプ向けのギアなので、大きいB5型でも30cm四方に収まるサイズ。

今回は料理やコーヒータイムをスタイリッシュに楽しめるギアを選びたいと考えています。

大きいB5型の方が料理しやすそうですが、中途半端なサイズともいえます。

というのも、それならもっと大きな焚火台を選べばいいとなるから。

そこで、カマドのビジュアルはコンパクトなほど映えるはずと思い、よりコンパクトなB6型のカマドを選びました!

キャプテンスタッグ カマド(B6型)まとめ

カマド(B6型)のコンパクトでスタイリッシュなビジュアルがたまりません。

サイトでゆったりとコーヒータイムを楽しむのにぴったり!

カマド(B6型)のレビュー
  • コンパクトでスタイリッシュなビジュアル
  • ソロキャンプにぴったりのサイズ
  • ゴトク・アミ付属ですぐ使える
  • 組み立てがカンタン
  • シーンによってはもっと大きいサイズがいいかも
  • サイトでくつろぐのにもってこい!

ソロキャンプをスタイリッシュに決める焚火台ならB6型のカマドがイチオシ。

カマドの横でのんびりくつろぎながらキャンプを楽しんでください。

本当に買ってよかったキャンプグッズ20選!!

・キャンプ好き管理人&ライター厳選の至極の一品
・これを買えば間違いなし!初心者にもおすすめ
・テントからアクセサリーまで全20品を紹介!

\ 続きを読んでみる /

>>おすすめキャンプグッズ20選はこちらから

この記事の著者

sumi.noga

アウトドアライター&ディレクター / 古民家キャンプ場モノグサ邸の運営
大のアウトドア好き。アウトドアの楽しさをより多くの皆様へ届けたい!

>>詳しいプロフィールはこちら




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる