プログラムを使う仕事にはどんな職業があるの?

プログラミングを学習して仕事に生かすといっても、IT関連に弱い人にとってはプログラミング教育で学んだスキルを活かせる仕事やどんな職業があるのか何がなんだか分かりません。

そこでプログラミングを使う仕事にはどんな職業があるのかを具体的に紹介していきます。

目次

プログラミング関連の職業

開発・エンジニア系の職種

システムエンジニア(SE)

SE(エスイー)という職業は最近耳にすることも増えてきたのではないでしょうか?システムエンジニア(SE)はシステム関連の開発に関する一連の業務を行う仕事です。企画から開発、運用まで幅広い範囲の仕事をするのでクライアントの要望を上手くヒアリングするコミュニケーションも重要な仕事です。

サーバエンジニア

サーバエンジニアは、サーバの設計や構築などの開発や、運用や保守などの管理をする仕事です。サーバーとは、サービスを提供するソフトウェア、あるいはその機能が稼働しているコンピュータを指します。情報を保存しておく場所がサーバーです。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの設計や構築などの開発や、運用や保守などの管理をする仕事です。データベースとは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まりです。身近なもので例えると「辞書」をイメージすると分かりやすいでしょう。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、一般的にウェブサイトやアプリのフロントエンド側の設計、構築、カスタマイズを行う仕事です。フロントエンドとは、ユーザーが直接操作する部分のことです。例えばスマホのアプリで説明をすると利用する人が見る画面のデザインや操作など、ホームページのデザインから内容までを設計、構築、カスタマイズをします。

プログラマー(PG)

プログラマーとは、名前の通りプログラムを書くことが仕事です。エンジニアが作成したサービス・製品の仕様設計にそって動作するようにプログラムコードを書いていくことを業務としており、要望の仕様通りにシステムが正常に動かせるようにすることを目的としています。どのようなプログラムコードを使うのかはプログラマー次第ということもあって技術や知識、応用力も重要です。

営業・コンサルタント系の職種

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、営業とエンジニアの両方の役割を担う仕事です。一般営業職に同行して技術面の専門的な知識を生かして自社製品やサービスについてクライアントへ直接説明、導入提案、調整、サポートなど総合的な業務をします。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、クライアントが抱えている問題をシステムによって解決することが仕事です。業界や経営状況などを考慮したり、ヒアリングから問題を見極めたりする観察力や洞察力も重要です。クライアントの問題を解決するために幅広い知識や経験、問題解決力が必要で未経験からこの職種につくことは厳しく、キャリアアップとして目指す人が多いです。

あわせて読みたい
統計データから分析したプログラミング業界の市場規模と動向 プログラミング業界にはどんな会社があるのか。業界の市場規模はどの程度あるのか。様々な角度からプログラミング業界の動向について統計データを元に解説していきます...
目次
閉じる