マインクラフトは小学生向けのプログラミング教材?スイッチで勉強しよう!

子どもや大人に大人気のゲーム「マインクラフト」。

近頃ではプログラミングの教育的な効果があると、話題になっています。

「ゲームが本当にプログラミングの勉強になるの?」「どうしてマインクラフトがプログラミング教材になるの?」と疑問に思いますよね。

教育的効果があると言われるのは、マインクラフトを遊ぶにはプログラミング的思考が必要だからです。

この記事を読んだら、ゲームの認識が変わるかも…。ぜひ最後までご覧くださいね。

目次

マインクラフトとは

マインクラフトとは、ブロックを使って自分の世界を作り上げるゲームのことです。

現在ではニンテンドースイッチやPC、PlayStation4などでプレイできます。

PC版でMODと呼ばれる追加のプログラムをインストールすると、プログラミングができます。

スイッチで遊ぶ場合、拡張コードは使えません。

マインクラフトの遊び方

マインクラフトでは建築、採掘、料理、戦闘の遊びをメインに進めていきます。

建築

マインクラフトでは家からお城まで、どんな建物でも建てられます。

ただし理想の建物を作ろうと思ったら場所、大きさ、間取り、外観、素材などを考え、順序よく作っていかなければなりません。

作った後で修正もできますが、終盤になるほど手間がかかり時間のロスになります。

修正の手間を防ぎ、作りたい建物を建てるためには、設計図を作り順序を考えて建てていく必要があります。

採掘

採掘には道具が必要です。

道具を手に入れるためには自分で作るか、住人と取引しなくてはいけません。

狙う鉱石によって道具の種類も変わってきます。

無計画に掘っていては、難易度の高い鉱石を採掘できません。

採掘するには何マス掘り、何段掘っていくのか、火薬を使うのか、地下でゾンビがきたらどうするのか…などをあらかじめ考えて行動していきます。

採掘も計画性が必要となります。

料理

料理は素材を栽培することから始まります。

タネを集め、畑を耕し、タネを植え、収穫し、料理をするのです。

一つ一つの工程を、順番にこなしていかなければなりません。

畑の水を枯らさないために、川や湖の近くに畑を作るなどの工夫がいります。

料理をするには根気と、順序立てて考える力が不可欠です。

戦闘

一見平和そうなマインクラフトの世界ですが、遊ぶモードによってはモンスターとの戦闘は避けられません。

夜になるとモンスターが湧いてくるので、戦うなり逃げなりしないと死んでしまいます。

戦いに使う武器にも様々な種類があるので、モンスターに合わせたものを使う必要があります。

どうしたら大きなダメージが与えられるのか、自分が死なないためにはどう動いたらいいのか、などを考えながら戦闘していくのです。

マインクラフトが知育ソフト言われる理由

マインクラフトは自然と次のような学習効果が身に付きます。

  • プログラミング的思考が学べる
  • 想像力が育つ

プログラミング的思考が学べる

マインクラフトで遊ぶには、プログラミング的思考が必要です。

建築・採掘・料理・戦闘…どれも最終的な目標に向かって順序を考え、行動していく必要があるからです。

プログラミング的思考とは「目的を達成するために、論理的に順序立てて考えていく力」のこと。

たとえばパンを一つ作るにしてもタネを集めることから始まり、いくつもの手順を踏まなければなりません。

大人からみたら「なんて面倒な…」と思いますよね。

でも子どもにとっては、その大変さが面白いのだそうです。
失敗した場合でも「どうすればうまくいくのかな」と考えるようになります。

トライ&エラーを何度も繰り返すことによって、問題解決力が身についていくのです。

マインクラフトは物事を順序立てて考えるという、プログラミング的思考が自然と身についていきます。

創造力が育つ

マインクラフトには創造力が育まれる要素がたくさんあります。

創造力とは新しいものを作り出す力のことです。

様々なものづくりが楽しめるゲームなので、子どもならではの柔軟な発想を生かして、自分好みの世界を作れます。

マインクラフトは自由度が高いので、無限にアイデアを生かせます。

自由な遊びの中で、創造力が育まれていくのです。

マインクラフトを教材にしているプログラミング教室

お子さんがマインクラフトで遊んでいるのを見て、本格的にプログラミングを学ばせたいと思う人もいるでしょう。

以下を満たしたプログラミング教室を二つご紹介します。

  • マインクラフトを教材にしている
  • どこに住んでいても受講できるオンライン形式
  • 子どもが理解しやすい、ビジュアルプログラミング言語

D-SCHOOL

低学年向けのマイクラッチJrコースと高学年向けのマイクラッチコースがあります。

自分が作ったコースで遊べるので、達成感を味わえる内容と評判です。

月額3,980円(税込)ですが、年額を一回払いにすると32,835円(税込)で月額2,985円になります。

14日間の無料トライアルがありますので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。

Tech Kids CAMP オンラインキャンプ

春休みに開催される短期コースで2日間、3日間、4日間コースがあります。

スケジュールやスキルに合わせて、初心者から経験者まで参加可能です。

イベント後にAmazonギフト券3,000円がプレゼントされるので、マインクラフト購入料金が実質無料となります。

  • 2日コース…21,780円(税込)
  • 3日コース…35,200円(税込)
  • 4日コース…50,600円(税込)

まとめ

シンプルで自由度が高く、遊びながらプログラミング的思考を学べるマインクラフト。

マインクラフトでは組み合わせる順番や、方法を考える場面がいくつもあります。

楽しみながらプログラミング的思考を身につけられるのは、子どもにとって大きなメリットになるのではないでしょうか。

プログラミング教育の第一歩として、マインクラフトをお子さんと一緒にプレイしてみませんか?

目次
閉じる